12・29村田諒太VSゴロフキン統一戦 Prime Videoが独占生配信

2021年11月12日 11時26分

村田諒太VSゴロフキンの統一戦が決定した(東スポWeb)
村田諒太VSゴロフキンの統一戦が決定した(東スポWeb)

 アマゾンが提供する定額制サービス「Prime Video(プライム・ビデオ)」は12日、WBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(35=帝拳)とIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)の統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)を独占生配信することを発表した。

 プライム・ビデオはこのほど、世界トップレベルのボクシングイベントを継続的に開催し、ライブストリーミングする独占配信権を取得。「Prime Video presents Live Boxing」とのタイトルで、スポーツのライブ中継に進出する。これを受けて、村田とゴロフキンの統一戦が記念すべき第1弾として配信されることになった。

 2012年ロンドン五輪ミドル級で金メダルを獲得した村田は、翌13年8月にプロデビュー。17年10月にアッサン・エンダム(フランス)との因縁の再戦を制してプロ転向4年で世界王座に上り詰めた。一方のゴロフキンは10年8月に初めて世界タイトルを獲得し、19回連続防衛の金字塔を打ち立てた。歴代のミドル級王者の中でも最強の呼び声が高いレジェンドだ。

 プライム・ビデオ・ジャパンカントリーマネジャーの児玉隆志氏は「今回、スポーツ中継をコンテンツに加えることができ、その最初を飾るの試合として、日本のプライム会員の皆様に国民のヒーローである村田諒太選手と歴代屈指のチャンピオンであるゲンナジー・ゴロフキン選手の試合をリアルタイムでお届けできることを大変うれしく思います」とコメントした。

「Prime Video presents Live Boxing」は、プライム会員であれば追加料金なしで視聴できる。

関連タグ:
 

ピックアップ