マイク・タイソン「神のおぼしめしで」来年2月に再復帰へ 相手はローガン・ポールか

2021年11月08日 21時08分

カネロの試合を観戦したマイク・タイソン(ロイター)
カネロの試合を観戦したマイク・タイソン(ロイター)

 ボクシングの元統一ヘビー級王者マイク・タイソン(55=米国)が来年2月にリングに戻るとを明言した。

 昨年11月に元4階級制覇王者のロイ・ジョーンズ・ジュニア(米国)とのエキシビションマッチで15年ぶりのカムバックを果たしてから間もなく1年。再度のリングインが期待されていたが、再登場はないまま月日だけが流れてしまった。そんな中、英メディア「ミラー」はタイソンが来年2月に試合を行う意向を示したと伝えている。

 同メディアは、6日(日本時間7日)に米ネバタ州ラスベガスで行われた「カネロ」ことサウル・アルバレス(メキシコ)とカレブ・プラント(米国)の世界スーパーミドル級4団体統一戦の観戦に訪れたタイソンが「神のおぼしめしで(来年)2月に再び戦うだろう」とコメントしたと報じた。

 気になる対戦相手は、かねて取りざたされている米人気ユーチューバーのローガン・ポールになるとみる同メディアは「(ローガンとジェイクの)ポール兄弟を支持するタイソンは以前、自分が望む金額を得るためにその一方と戦いたいと述べていた」とした。果たしてファン待望の復帰2戦目は行われるのか。

関連タグ:
 

ピックアップ