井上尚弥「良い緊張感がもらえる」 田中恒成と豪華スパーリング

2021年11月04日 22時41分

スパーリングを行った田中恒成(左)と井上尚弥(代表撮影)
スパーリングを行った田中恒成(左)と井上尚弥(代表撮影)

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が4日、世界最速で3階級制覇を果たした田中恒成(26=畑中)と〝豪華スパーリング〟を敢行した。

 IBF同級6位アラン・ディパエン(30=タイ)との防衛戦(12月14日、東京・両国国技館)に向けて所属の大橋ジムで、自身と同じ3階級制覇王者の田中と3分4ラウンド(R)のスパーリング。1Rは両者様子見の感じだったが、2Rから井上がプレスをかけて接近戦に持ち込み、アッパーを使う。3Rには田中もスピードを生かしてパンチを返した。井上は華麗なステップを見せたり、あえて打たせたりと終始優勢だった。

 初めて田中とスパーリングを行った〝モンスター〟は「良い緊張感がもらえるようなスパーリングでした。お互い12月の試合が近いんで。お互い良い時期にスパーリングができている」と振り返った。

 田中は昨年大みそかにWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)に敗れて4階級制覇に失敗。12月11日には石田匠(井岡)との再起戦が控えていることもあり、互いに大きな手応えがあったようだ。

 井上は田中の印象について「やっぱりスピードが速いですね。やる前からそこは予想はしていたんですけど、自分が今までやった選手の中では一番速いと思います」とスピードに太鼓判。田中の兄、田中亮明が東京五輪で銅メダルを獲得したことにも「高校時代に4戦、戦っている選手なので試合を見ていましたし、すごい刺激をもらいました」という。

 スパーリングでは接近戦での左アッパーを多用。昨年10月のジェイソン・モロニー戦の頃から集中的に練習したと言い、元WBA世界ミニマム級王者・新井田豊氏の左アッパートリプルを参考にしているという。

「次あたりに出るんじゃないですか」と次戦での爆発を予告。5日も田中とスパーリングを行い、決戦に備える。

関連タグ:

ピックアップ