ジェイク・ポール タイソン・フューリー戦に前進? ボクシング5戦目で異母弟トミーと激突

2021年10月30日 18時55分

ジェイクが対戦を熱望するタイソン・フューリー(ロイター)
ジェイクが対戦を熱望するタイソン・フューリー(ロイター)

 野望の足掛かりとなるか。米人気ユーチューバーでプロボクサーのジェイク・ポール(24)のプロボクシング5戦目が正式決定した。相手はかねて対戦が取りざたされていたプロボクサーのトミー・フューリー(英国)。あのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)の異母弟だ。12月18日(日本時間同19日)に米フロリダ州タンパで8回戦として行われる。

 英メディア「メトロ」によると、気合満点のポールは「負けたら、トミー・ファンブル(へまをやる)に改名しろ。または負けたほうは賞金として50万ドル(約5600万円)を差し出せ」と理不尽な要求を突き付けるなど、早くもヒートアップしているという。

 それもそのはず。この試合が「野望」への第一歩になり得るからだ。かねてポールはトミーの兄・タイソンとの対戦を熱望。9日に行われたWBC世界ヘビー級王座戦でタイソンがデオンテイ・ワイルダー(米国)に劇的な11ラウンドKO勝利を飾った際には「タイソン・フューリーがついに僕と戦うチャンスを得たのかもしれない」と上から目線でツイートしていた。もちろん〝世界最強の男〟にユーチューバーの挑発に応える義務などなく、リアクションはなかったが…。

 とはいえ、ここで弟を派手に叩けば、タイソンとの対戦機運を高められる可能性もある。まずはインパクトのある勝ち方が必要だが、果たして。

関連タグ:
 

ピックアップ