平岡アンディと佐々木尽の王座戦は無事開催 佐々木が当日計量パス

2021年10月19日 18時00分

平岡アンディ(大橋ジム提供)
平岡アンディ(大橋ジム提供)

 ボクシングIBF世界スーパーライト級6位、日本同級1位の平岡アンディ(25=大橋)と日本同級ユース王者で日本同級2位の佐々木尽(20=八王子中屋)とのWBOアジアパシフィック&日本同級王座決定戦(19日、東京・後楽園ホール)は、晴れて開催されることになった。

 18日の前日計量では平岡が63・3キロの200グラムでクリアしたものの、佐々木が65・3キロ(1・8キロ増)で失格。佐々木には当日計量が実施されることになり、日本ボクシングコミッション(JBC)の規定にあるリミット+8%未満(68・4キロ以下)なら試合成立という状況になっていた。そして当日計量の結果、佐々木は68・1キロでパス。試合は無事、成立の運びとなった。

 当初は2冠を懸けた一戦だったが、平岡が勝てば獲得となる一方、佐々木が勝利なら空位のままとなる。平岡は前日に「やってきたことを出すだけ。コロナで気持ちが落ちちゃったファンの皆さんに元気をあげたい」と意気込んでいた。

関連タグ:

ピックアップ