【ボクシング】井上尚弥が4団体統一に強い意欲「1人ずつ戦ったっていい」 

2021年09月17日 16時30分

井上尚弥
井上尚弥

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が17日、自身のツイッターで目標とする4団体統一について「ドネアとカシメロは12月にやるならとっとと正式に決定させて実現させてほしい。4団体統一が遠のくのは勘弁。でなければ1人ずつ戦ったっていい」と強い思いをぶちまけた。

 井上は6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)に勝利。8月にWBC王者ノニト・ドネアとWBO王者ジョンリール・カシメロ(ともにフィリピン)が対戦して、その勝者と4団体統一をかけるはずだったが、ドネアがカシメロのドーピング検査拒否などに納得せずお流れに。カシメロはその代わりギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦し、判定勝ちしていた。

 そしてここにきてドネアとカシメロの対戦が再び浮上したが、キャンセルとなったばかりで、まだはっきりしない状況。いち早く4団体統一を成し遂げたい井上としては、2人の対戦実現を待つより、一人ずつ倒した方が早いわけだ。どんな形でも4団体を統一したい強い気持ちをうかがわせた投稿だった。

関連タグ:

ピックアップ