亀田興毅氏 TKO木下も参戦予定の主催興行がコロナで延期「ただ、年内には必ずやります!」

2021年09月05日 06時15分

現在は「3150ファイトクラブ」の会長を務める亀田興毅氏

 ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(34)は、現在大阪・西成のボクシングジム「3150ファイトクラブ」の会長を務める。今月28日の興行「3150ファイトvol.1」(大阪府豊中市)は残念ながら延期となってしまったが、コロナ禍でもさまざまなアイデアを仕掛けている。その奮戦ぶりと、今後のビジョンについて聞いた。

【亀田興毅氏インタビュー・前編】

 ――緑ジムとの共催興行「3150ファイトvol.1」がコロナの影響で大会目前にして延期となってしまった

 亀田 残念ですが、これだけコロナが感染拡大し医療体制が逼迫している状況でもありますのでしゃあないですね。ただ、延期ですが年内には必ずやります。

 ――注目カードがめじろ押しだった

 亀田 今興行から「ABEMA」で生中継することが決定していた。われわれのジムは、他ジムに比べ発信力が強みだと思っている。コロナが収まれば面白くなると思う。

 ――メインでは元WBA世界ミニマム級王者の宮崎亮が現役復帰する予定だった

 亀田 3150ファイトクラブの3150には(語呂合わせで)〝再興〟の意味もある。過去に何らかの失敗をした人たちでもチャンスは与えたい。米国はチャンスの国で(5階級制覇のフロイド)メイウェザーが(DVで)禁錮刑を受けてもリングに上がるチャンスがあり、結果を出すことで称賛される。宮崎も過去に過ちはあるが(公務執行妨害で逮捕)、もう一回チャンスは与えてあげるべきではないかと。われわれのコンセプトにも合っていた。

 ――期待するところは

 亀田 ブランクはあるが、当時は井岡一翔選手(現WBO世界スーパーフライ級王者)よりも強いと言われたようにポテンシャルは高い。「宮崎と対戦するのは嫌」と40人以上の選手に断られたが、なんとか相手も決まった。コンスタントに試合をさせてブランクを埋めていけば、世界返り咲きまで行けると思う。

 ――ダブルメインで緑ジムの力石政法も登場するはずだった

 亀田 矢吹正道(元日本ライトフライ級王者)の弟で日本ランカー(ライト級)。強いので相手が決まらず、エキシビションで出場する予定だった。

 ――当初、弟の和毅(元WBO世界バンタム級王者)の復帰第2戦の話もあったが

 亀田 出ないです。和毅の次戦は海外になる可能性がある。

 ――エキシビションには「TKO」木下隆行が出場することになっていた

 亀田 木下さんも〝再興〟にかかっていると思いました。不祥事を起こし松竹芸能を辞められて、当時のような芸能活動もできなくなってだんだんと忘れられていく。そういう人でもリングに上がる機会を作り、結果、ボクシングって素晴らしいスポーツと思ってもらえたら、こちらとしてもプラス。木下さんの対戦相手は因縁があって強い相手を探しています。ボコボコにシバかれる可能性がありますが、真剣にボクシングに打ち込み、強敵に向かっていく姿をリアルに表現することでイメージが少しでも変わるきっかけになればいいかなと思う。入場時のガウンの背中に「松竹」、小さく「梅」と入れたらカリスマ(笑い)。

 ――「雨上がり決死隊」を解散した宮迫博之はどう?

 亀田 宮迫さんは〝再興〟とは違うかな。ユーチューブで成功されていて活躍している。


 ☆かめだ・こうき 1986年11月17日生まれ。大阪府大阪市出身。父・史郎氏の指導のもと、小学生のころからボクシングに打ち込む。弟の大毅、和毅とともに亀田三兄弟と呼ばれ、キャッチコピーは「浪花乃闘拳」。WBA世界ライトフライ級など、日本人初となる世界王座3階級制覇を達成した。現在は大阪市西成区にボクシングジム「3150ファイトクラブ」を開設し、会長に就任。ボクシングへの〝恩返し〟を行っている。

関連タグ: