【ボクシング】拳四朗がコロナ感染 9月10日のV9戦は延期か

2021年08月26日 18時27分

寺地拳四朗
寺地拳四朗

 ボクシングWBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(29=BMB)に新型コロナウイルス陽性反応が出たことが分かった。父で所属ジムのBMB・寺地寿会長が26日、発表した。

 オンラインで会見を開いた寺地会長は「23日に担当の加藤健太トレーナーの新型コロナウイルス感染が判明した。拳四朗も24日に発熱があり自宅待機していたが、25日にPCR検査で陽性判定が出た。今は自宅隔離しながら医師の診断、保健所からの指示を待っている状況です」と語った。三迫ジムの三迫貴志会長によると、24日には37・5度の発熱と倦怠感があり、現在は36・9度の微熱だという。

 拳四朗は9月10日に京都市体育館で同級1位矢吹正道(28=緑)とのV9戦を控えていたが、寺地会長は「プロモーターとの兼ね合いもあるので、(真正ジムの)山下(正人)会長に委ねたい」としながら「保健所の指示を持ってからとなると(9月)10日は難しいかなと思う」との見解を示した。

関連タグ: