カシメロ 僅差判定でWBO王座防衛 リゴンドーを倒しきれない凡戦…専門誌酷評

2021年08月15日 18時15分

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチ(14日=日本時間15日、米カリフォリニア州カーソン)で王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)が同級4位のギジェルモ・リゴンドー(40=キューバ)を2―1の判定で下し、同級の世界戦線に踏みとどまった。

 試合は積極的に攻撃を仕掛けるカシメロが足を、使って逃げるリゴンドーを追いかける展開。リゴンドーは手数が極端に少なく途中、カシメロがいら立つ場面もあった。その後、お互い決定打はなく、試合は終始攻勢だったカシメロに軍配が上がった。

 ただ、試合自体は見どころは少なく米「リング」誌は「1Rにカシメロはリゴンドーの後頭部にパンチを打ち込み倒したが、レフェリーはこれを『ノーダウン』とし、その後攻撃を加えたカシメロに厳重な警告を与えた。ただ、残念ながら見せ場はそれだけ。第2ラウンド以降はブーイングの嵐が吹き荒れ、それは最後のゴングまで続いた」とインパクト不足の一戦を酷評した。

 試合後にカシメロはWBAスーパー&IBF世界同級統一王者の井上尚弥(28=大橋)、WBC同級王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)に対し、宣戦布告した。しかし、その際の無礼な振る舞いが井上の怒りに火をつけ「リスペクトのないやつは叩きのめす 以上」とSNSでコメントされる始末。相変わらずの傍若無人ぶりを見せた格好だが、この日の内容では…といったところか。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ