亀田興毅会長が9月25日に第一弾興行 ゆたぼん参戦&宮迫博之にもラブコール

2021年08月07日 22時33分

第一弾興行を発表した亀田興毅
第一弾興行を発表した亀田興毅

 元世界3階級王者で、ボクシングジム「3150(サイコー)ファイトクラブ」会長の亀田興毅(34)が7日、9月25日に第一弾となるボクシング興行を開催することを発表。メインカードに、元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(32)の現役復帰戦を予定していることを明かした。

 この日、YouTubeチャンネル「OROCHITV」でプレミア配信された「会長。亀田興毅~亀の恩返し~」第6話前の緊急生配信で、興毅会長が発表した。

 同ジムと緑ジムの共催で「3150ファイトVol.1」と題して、興行を9月25日に開催。メインカードは先日、3150ジムに所属し、現役復帰することを発表した元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮。父・亀田史郎氏のYouTubeチャンネルの企画から誕生した3150ジムのプロボクサー5人の試合も予定している。

 興毅会長は「興行は『3150(最高・再興)』をスローガンに掲げています。“最高”の試合をお届けすることによって、ボクシング業界や関わる人たちの“再興”を目指している。宮崎(亮)も“再興”。もう1回ボクシングにチャレンジする場にもしたいと思っている。今までとは違う面白いものを見せれると思う。エンターテイメントをどれだけ提供できるか。みんなにボクシングを見てもらって、素晴らしさを伝えていきたい」と力を込めた。

 すでに少年革命家・ゆたぼんの参戦も公表されている。興毅会長はゆたぼんの相手についてはまだ思案中。ユーチューバーとして活躍する雨上がり決死隊・宮迫博之にも興味津々で「宮迫さん、リングに上がってください!」とオファーしていた。

 自身のボクシング復帰については「もう自分は終わってるからね。あと5年若かったら」と苦笑いした興毅会長。興行について、8月中旬に「重大発表」を予定していることを明かした。

関連タグ:

ピックアップ