【ボクシング】とにかく礼儀正しい入江聖奈 一夜明け会見で各方面に感謝の言葉連発!

2021年08月04日 13時27分

一礼する入江聖奈
一礼する入江聖奈

 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルに輝いた入江聖奈(20=日体大)が4日、都内で行われた一夜明け会見で喜びを語った。

 決勝で強豪ネストイ・ペテシオ(フィリピン)を撃破し、女子では日本勢初となる快挙を達成したニューヒロインは「5試合終わっても緊張もない。ご飯もしっかり食べられるので幸せです。ツイッターでも有名な方々から『おめでとう』と言ってもらえてこれがオリンピックの力なんだと感じた」と笑顔を見せた。

 会見では各方面に感謝の言葉を連発。自身がボクシングを始めるきっかけとなった漫画「がんばれ元気」の作者・小山ゆう氏には「おかげで20歳でこんなにも幸せな気持ちを味わうことができたので本当にありがとうと伝えたい」と言い、入場曲にロックバンド「X JAPAN」の「紅」を選曲したことでメンバーのYOSHIKIがSNSで祝福していたことに「アカウントをフォローまでしていただいて本当に光栄」と謝意を示した。

 その後も大会ボランティア、さらには「一般の方々にも交通規制とかで嫌な思いにさせてしまったかもしれないけど、たくさんの方々のご協力があったオリンピックだったので感謝の気持ちを忘れずに生きていこうと思う」と語った。

 試合中のお辞儀で、礼儀正しい姿が話題となりネットでも「性格がにじみ出ている」と絶賛だったが、この日も律儀な態度で真摯な人間性をうかがわせた。

関連タグ: