リナレス3階級制覇へスタイル進化

2014年12月23日 16時00分

 WBC世界ライト級王座決定戦(30日、東京体育館)を前に同級1位のホルヘ・リナレス(29=帝拳)が22日、公開練習を行った。

 

 同級2位のハビエル・プリエトに勝てば、3階級制覇となるリナレスは「調子はすごくいい。チャンスがあれば、KOできる」と自信たっぷり。この日は日本ランカーを相手にスパーリングを行い軽快な動きを見せた。

 

 華麗なコンビネーションが持ち味だが「ワンツーからのフックとか、ワンツーからのアッパーとか3つ(のパターン)で十分。今はゆっくり考えながら打っている」。手数重視から確実に仕留めるスタイルに進化している。

 

 残る課題は減量だけ。「今、3キロオーバーだけど、明日(23日)の練習で汗をかけば、あと1キロぐらいになる。1・5キロでもいいんだけど」。5年ぶりの日本での世界戦に向け「負けられない」と気合を入れた。