井上尚弥が国内練習打ち上げ「最高のコンディションを作れました」20日にダスマリナス戦

2021年06月08日 22時13分

井上尚弥(左)は浩樹さんとマススパー(大橋ジム提供)

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が、19日(日本時間20日)にラスベガスで行われるIBF1位のマイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)との指名試合に向けた日本国内での練習を8日に打ち上げた。

 この日はサウスポー対策として、従兄弟で元日本&WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王者の浩樹さん(29)を相手に12ラウンドのマス・スパーを敢行。さらにドラムミット、バッグ打ちなどで汗を流した。

「最高のコンディションを作れました」と言う井上について「これまでで最高の出来というか、毎回更新してます」と浩樹さんも太鼓判を押す。

 自身のツイッターでも「日本での調整は仕上がった! 後はラスベガスでの最終調整だけ」とファンに報告した井上は、充実した練習ぶりをうかがわせる笑顔を見せていた。

関連タグ: