【ボクシング】元3階級王者ホルヘ・リナレスは判定負け WBC世界ライト級王座戦

2021年05月30日 14時39分

 WBC世界ライト級タイトルマッチ(29日=日本時間30日、ネバダ州ラスベガス)で元3階級王者のホルヘ・リナレス(35=帝拳、ベネズエラ)は王者のデビン・ヘイニー(22=米国)に0―3で判定負け。王座獲得はならなかった。

 試合は序盤からヘイニーがジャブで主導権を握る。リナレスは左で反撃を試みるも、巧みなクリンチで逃げられ、決定打を打ち込むには至らない。

 採点は「116―112」が2人と「115―113」が1人の3―0でヘイニ―が3度目の防衛に成功。

 リナレスは2018年5月にワシル・ロマチェンコ(33=ウクライナ)に敗れWBA同級王座を失って以来の世界タイトル奪取はならなかった。

関連タグ: