井上尚弥が「ドネア強ぇ!!!」とツイート 試合前はウバーリの判定勝ち予想も圧巻のKOを称賛

2021年05月30日 14時18分

井上尚弥

 WBC世界バンタム級タイトルマッチが米ロサンゼルスで30日に行われ、同級1位の元5階級王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)が王者のノルディーヌ・ウーバーリ(34=フランス)に4ラウンドKO勝ち。この結果を受け、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が直後にツイッターを更新。「ドネア強ぇ!!!」と、3度のダウンを奪う圧巻の勝利をシンプルな表現で称えた。

 試合前はフォロワーに対して勝敗予想を募り、自身は「ウバーリの僅差判定勝ち」と予想していた。一方で「ただドネアの一発にも期待!!!!」と記していたのが、その通りの結果に。2019年11月7日のさいたまスーパーアリーナでのWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)決勝ではドネアの左に自身も苦しめられ、その威力を知っているだけに、変わらぬ強さを称えた。

 ドネアの試合が終わったのは日本時間の昼すぎ。夜になると井上は新たに「ドネアの勝利こそがモチベーション!!!!」と投稿した。自身も来月19日にはラスベガスでIBF1位のマイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)との指名試合が控えるが、これに向けて気持ちが高まるとともに、3本目のベルトを持つ他団体王者として、ドネアとの再戦を見据えているとも解釈できるコメントだ。

 

関連タグ: