元3階級王者ホルヘ・リナレスは順調に調整 30日ラスベガスでWBC王者ヘイニーに挑戦

2021年05月24日 15時35分

順調な仕上がりを見せるリナレス(帝拳ジム提供)
順調な仕上がりを見せるリナレス(帝拳ジム提供)

 29日(日本時間30日)にラスベガスで行われるWBC世界ライト級タイトルマッチで王者、デビン・ヘイニー(22=米国)に挑む元3階級王者のホルヘ・リナレス(35=帝拳、ベネズエラ)が順調な調整をしている。

 現地時間21日にラスベガス入りしたリナレスは、23日(同24日)は練習とともに、契約するVENUM社のインタビューなどをこなした。

 すでに体重がリミットまで3ポンド(約1・36キロ)まで落とせていることもあり「コンディションはとても良いです」とリラックスした様子でコメントした。

 今後は記者会見や計量などの公式行事もあるが「今は早くリングに上がりたい気持ちです」と、2018年にワシル・ロマチェンコ(33=ウクライナ)に敗れてWBA同級王座を失って以来の世界戦が待ちきれないようだった。

関連タグ: