“モンスター” 井上尚弥との対戦熱望するカシメロ またも大口叩く

2021年05月08日 12時43分

モテモテ! またもカシメロから“ラブコール”を送られた井上尚弥

 WBO世界バンタム級王者のジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)が、またまた大放言だ。

 かねてWBAスーパー&IBF同級統一王者の井上尚弥(28=大橋)との対戦を熱望し、SNSなどで挑発を繰り返しているカシメロ。それに対し井上も「一方通行じゃかわいそう」との“同情心”から、何らかのリアクションを見せるというやり取りが、もはや定番となっている。

 そんなカシメロは8月14日にWBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)との対戦が決定済み。五輪連覇の過去を持ち、2階級制覇の実績を誇る、屈指のテクニシャンが相手となれば、苦戦は必至だろう。

 しかし、フィリピンメディア「ラプラー」によると、カシメロは「リゴンドー戦は簡単な試合だ。彼は6ラウンドでノックアウトされるだろう」と、またもビッグマウスを炸裂させているという。

 さらに同メディアはこの発言の意図として「リゴンドーを相手にハデなノックアット勝ちとなれば、日本の〝モンスター〟井上尚弥が、さらに彼を恐れるようになるとカシメロは考えている」と指摘。カシメロの視線は、あくまで井上に向いているというわけだが、圧倒的な勝利で〝意中の人〟を振り向かせることができるか。 

関連タグ: