【ボクシング】2階級制覇目指す高山勝成が渡米「リングの上で思い切り暴れてタイトル奪取します」

2021年05月03日 21時59分

世界戦に向け渡米した高山

 ボクシングの元世界4団体王者の高山勝成(37=寝屋川石田)が3日、WBO世界ライトフライ級のタイトル戦に向け、渡米した。8日(日本時間9日)にテキサス州アーリントンで同級王者のエルウィン・ソト(24=メキシコ)に挑戦。2階級制覇を目指す。

 高山は関係者を通じ、「短い準備期間でしたが、今できるベストは尽くしてアメリカに向かいます。リングの上で思い切り暴れてタイトル奪取します」と意気込みを語った。

 高山を支える中出博啓トレーナーも「たった3週間の準備期間ですが、やれることはやり、勝負できる態勢はできました。春はWBCやIBFの世界タイトルを獲得した、私たちにとって縁起のいい時期です。試合までの間、新型コロナウィルスの感染予防を徹底してリングに上がり、WBOの世界タイトルを持って日本に帰ってきます」と誓った。

 高山の世界戦は2016年8月のWBO世界ミニマム級王座決定戦に勝って以来、約5年ぶりとなる。

関連タグ: