亀田和毅が2年ぶり復帰戦「悔いなくやりたい」 意外?対戦相手に感謝も

2021年04月06日 16時42分

スパーリングを公開した和毅

 ボクシング元世界2階級王者の亀田和毅(29)が6日、三宅寛典(32=ビッグアーム)との復帰戦(5月5日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)に向け、大阪市の「3150ファイトクラブ」で報道陣に練習を公開した。

 兄の興毅会長が開いた同ジムの初興行でメインを務める和毅。2019年7月のWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦以来の再起戦、地元・大阪では13年12月のイマヌエル・ナイジャラ(ナミビア)とのWBO世界バンタム級王座初防衛戦以来となるリングに「うれしいですね。約2年できてなかったので、ようやくできる。2年間空いて研究もしてきた。ようやく自分のスタイルも見つかったので進化した和毅を見せたい。大阪でやることに意味があるし、もう一回ここからスタート。ワクワクしている」と笑顔を見せた。

 トレーニングは順調というが、コロナ禍で「試合前のスパーリングは今までで一番少ないかもしれない」。マッチメークも困難となる中、試合に応じた三宅に対しては「動画もないし、情報がない。どういう選手か分からないが、今回試合を受けてくれたことに感謝しかない」と話した。

 一方で、7月には30歳になることもあって「できてもあと3~4年。悔いなくやりたい。ここからは1試合1試合が大事。次の試合で40戦目とキャリアもあるし、チャンスがあればすぐにでも世界戦にいきたい。実力は世界チャンピオンだと思ってますから」と早くも、その先を見据えている。

 くしくも試合当日はこどもの日。「しっかりいい試合をして、最高の日にしたいですね」と、昨年5月に生まれた長男・望有(のあ)君にささげる勝利を誓った。

関連タグ: