サウル・アルバレスが3ラウンド終了TKOで勝利 WBA&WBC世界スーパーミドル級王座戦

2021年02月28日 13時17分

アルバレス(ロイター)

【フロリダ州マイアミ27日(日本時間28日)発】ボクシングのWBA、WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチは、統一王者の「カネロ」ことサウル・アルバレス(30=メキシコ)と挑戦者で同級WBC2位のアブニ・イユルディン(29=トルコ)に3ラウンド終了TKO勝ちした。

 アルバレスは序盤からガードの間からアゴにアッパーを打ち込み、3ラウンドの序盤には鮮やかなワンツーで最初のダウンを奪う。

 ここは立ち上がってこのラウンドは耐えたイユルディンだが足元はおぼつかなく、インターバルで棄権した。

 試合はNFLマイアミ・ドルフィンズの本拠地、ハードロック・スタジアムで、約1万5000人の観客を入れて行われた。

 アルバレスの次戦は5月にラスベガスでの開催を予定。相手はWBO世界Sミドル級王者のビリー・ジョー・ソーンダース(31=英国)が候補に挙がっている。

関連タグ: