2・11「LEGEND」カード発表!激闘王・八重樫東氏は京口紘人と対戦 井上尚弥は…

2021年02月03日 15時00分

対戦カード発表記者会見に臨んだ(左から)八重樫東氏、京口紘人

 ボクシングの新型コロナウイルスのチャリティーイベント「LEGEND」(11日、東京・代々木第一体育館)の対戦カードが3日に発表された。

 当日は1ラウンド(R)3分のエキシビションマッチが7試合行われ、セミのカードは元世界3階級王者の八重樫東氏(37)対WBA世界ライトフライ級王者の京口紘人(27=ワタナベ)と発表された。

 この日は都内で記者会見が行われた。昨年9月の引退後は大橋ジムでトレーナーを務めている八重樫氏は「指導者として見ることで、ボクシングの見方が変わってきている」とのこと。

 一方で3月にデビュー戦を控える元K―1王者の武居由樹(24=大橋)らとのキャンプでは現役選手と同じメニューをこなしているという。

 この日は「井上尚弥に『会見を盛り上げてください』と言われたけど、僕は言葉では盛り上げられないので、ボクシングで盛り上げられるようにしたい。3月に試合のある京口選手の練習相手になるように」と話した。

 対する京口は「八重樫さんは、学生時代から『すごい』と思って見ていた方。スパーリングをするのも初めてなので、楽しみにしています」と、3月に米ダラスで行われるV3戦に向けて豪華な調整ができることに笑顔を見せていた。

 なおメインのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者、井上尚弥(27=大橋)のカードは後日発表ということでこの日も明らかにされなかった。