4戦連続KO勝ち村田“悪魔の右”の驚異的な破壊力

2014年05月23日 19時00分

村田は狙い澄ました右ストレートでネリオ(左)を沈めた

 プロボクシング日本ミドル級1位の村田諒太(28=三迫)がプロ4戦目の10回戦(22日、島津アリーナ京都)でヘスス・ネリオ(25=メキシコ)を6回2分35秒、右ストレートで仕留めた。これで昨年8月のプロデビュー以来、4戦連続KO勝ち。ロンドン五輪金メダリストは目標の世界王座へ向け着実にレベルアップを続けているが、中でも得意の右パンチがパワーアップ。練習相手のトレーナーを“破壊”しかけたというから驚きだ。

 勝負の6R。村田が「100点満点」と自己採点した右ストレートを食らったネリオはリングに崩れ落ちた。正座するような体勢になり、そのまま立ち上がることができず10カウント。その直前の最初のダウンも「ちょこちょこ当たってた(ダメージ)のが、たまってたみたいです」(村田)。今回の試合に向けて「右を打ち込むと、スパーリングの相手がひるむことが出てきた」とパワーアップの成果を語っていたが、この2つのダウンこそがその証しだ。

 実際、影響は意外なところに出ている。村田のミット打ちの相手を務める帝拳ジムの葛西裕一トレーナー(44)が“異変”を感じたのは今月初旬のことだった。「朝起きたら、肩の辺りから腕にかけてジンジンして、感覚がなくなっていたんです」。原因が全く思い当たらなかっただけに「まさか、脳梗塞とかの兆候じゃないだろうな?と正直焦りました」。不安になったところで、前日に村田のミット打ちの相手をしたことを思い出したという。

 帝拳ジムには現在、WBCバンタム級の“神の左”山中慎介(31)と同スーパーフェザー級の三浦隆司(30)の2人の世界王者が在籍。近年では6人の世界王者が誕生しているだけに、葛西トレーナーは世界王者相手に一日20~30ラウンドもミットを持つことがある。
「それが何日も続いた疲れで、腕の感覚がなくなったことはありますけど、一日で…というのは初めてです」

 また、葛西トレーナーはミット打ちの際に動きやすさを意識して小型のボディープロテクターを使う。しかし、村田のパンチを受けると「倒されてしまう」ため、普段使わない大型のものを着用する。「大型のプロテクターを身に着けていれば、プロ野球選手にバットで殴られても平気だと思います」。それでも村田のボディーには「内臓にけっこう衝撃がきて、ヤバいです」。しかも、これは練習用の12オンスグローブでのことで、試合用の10オンスのグローブなら…。いくら重量級の村田とはいえ、驚異的な「破壊力」だ。

 得意の右はアピールできた一方、1回に効果的に使えた左パンチが、2回以降は減った。村田は「もっと(レベルを)上げていかないといけない」との反省を口にしたが「世界を取るのは義務だと思っている」とあくまで世界王座を見据えてのこと。南京都高出身の金メダリストが“凱旋試合”でさらに進化した姿を披露。世界への階段をまた一段上ったのは言うまでもない。