【ボクシング】ジョシュア対フューリーのヘビー級4団体王座統一戦開催が秒読み

2021年01月26日 15時58分

アンソニー・ジョシュア(ロイター)
アンソニー・ジョシュア(ロイター)

 世紀の一戦がいよいよ実現か。ボクシングのWBA、IBF、WBO統一世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(31=英国)とWBC同級王者タイソン・フューリー(32=同)の4団体王座統一戦の開催が秒読みに入った。

 英紙「サン」によると、共同プロモーターのボブ・アラム氏(89)は「火曜日に私たちとの契約の最初の草案を持ってきます」とし「誰もがプロであり、これを実現したいと考えているため、これは非常に簡単なことだと思います。まもなくこれを結び付けて、共同でサイトを選択できるようになると思います」と話したという。

 その上で「そして1週間か2週間以内に私たちは完全な合意を持つでしょう。私は非常に自信があります」とコメントした。また、アラム氏は開催地について言及し「適切な場所は英国だったでしょう。しかし(新型コロナウイルスによる)制限と不確実性があるため、中東でもアジアでも、どこか別の場所を探しています」とした。

 ジョシュアはロンドン五輪スーパーヘビー級金メダリストで20連続KOを含めて25戦24勝(22KO)1敗。フューリーは31戦30勝(21KO)1分け。

ピックアップ