【ボクシング】挑戦者・田中恒成は井岡戦に自信「俺が4階級制覇して引っ張っていく」

2020年12月30日 16時00分

計量をパスした田中恒成(Ambitionジム提供)

 大みそかに行われるボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの前日計量が30日に行われ、王者の井岡一翔(31=Ambition)と挑戦者で同級1位の田中恒成(25=畑中)はともにリミットちょうどの52・1キロでパスした。

「順調に来たので、しっかりリカバリーして明日に備えるだけです」と話した田中は、今年1月にWBOのフライ級王座を返上し、今回がSフライ級では初戦となる。

 通常なら階級を上げた場合は感覚をつかむための前哨戦を挟むものだが、新型コロナウイルスの影響で試合そのものができず。

 その影響が心配されるところだが「減量が楽になった分、調子が全然いい。最後の最後まで体重落とすためではなく、この試合に向けた練習ができた」との成果を語る。

 勝てば「世界最速の16戦目での4階級制覇」の称号を得る。

 その〝看板〟の元「今、日本のボクシング界のレベルはすごく上がっていると思うので、それを俺が4階級制覇して引っ張っていく。『超実力派』の先頭に立って新時代を引っ張っていく」との意気込みで、大一番のリングに上がる。