スケボー三昧WBC王者・佐藤

2012年07月28日 12時00分

 WBC世界スーパーフライ級王者・佐藤洋太(28=協栄)が、ようやく重い腰を上げて始動した。

 

 8日の世界戦で同級1位のシルベスター・ロペスを判定で下して初防衛に成功。その〝ご褒美〟として新井史朗トレーナー(39)から2週間の休養を与えられたが、極度のプレッシャーから解放された反動か、すっかり自堕落な生活を送っていたという。この2週間の佐藤の過ごし方は明け方に就寝して、昼に起床。夜は仲間たちと趣味のスケートボードにいそしみ「半分は家に帰らなかったですね…」。

 

 これにはさすがに浩子夫人(27)が激怒。「そろそろ分かるよねっ!?」と〝最後通告〟を受けたことで、ようやく目が覚めたという。

 

 スパーリングではブランクを感じさせない動きを披露。浮上していた亀田和毅(21=亀田)とのV2戦は絶望的になったが、所属ジムの金平桂一郎会長(46)は「次の防衛戦は岩手、東北で」と明言。佐藤のやる気スイッチはV2戦に切り替わった。