井上尚弥 来年1月に次戦控える弟・拓真をサポート! 静岡キャンプに同行

2020年11月30日 17時19分

足腰も鍛える井上尚弥(左)と拓真

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)は29日から来月3日まで、弟で前WBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真(24=ともに大橋)と静岡県内でキャンプを行っている。

 拓真が来年1月14日に、東洋太平洋同級王者の栗原慶太(27=一力)に挑戦するため、サポートをすることが目的。拓真は今月1日にラスベガスで行われた井上の試合にも同行し、ミット打ちの相手を務めるなどしていたため、この試合後に井上が「今度は自分が拓真のサポートをします」と話していた。

 もちろん、自身の次戦に向けた強化をすでにスタートさせたという意味合いもある。次の試合がIBFの指名試合となるのか。あるいはノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)が新型コロナウイルス検査で陽性となり「休養王座」となったことで、来月19日にランキング1位のノニト・ドネア(37=フィリピン)と同4位のエマヌエル・ロドリゲス(28=プエルトリコ)で正規王者決定戦が行われるWBC王座を3本目のベルトとしてターゲットにするのか。こちらの成り行きも注目されるところだ。