タイソン全盛期ばりのファイト魅せた! 現ヘビー級王者タイソン・フューリーとの対決あるか

2020年11月30日 11時00分

試合後、ジョーンズ(右)と健闘をたたえ合ったタイソン(ロイター=USA TODAY)

 まさかの夢対決は実現するのか!? ボクシングの元統一ヘビー級王者マイク・タイソン(54=米国)が、元4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・ジュニア(51=同)とエキシビションマッチ(28日=日本時間29日、米ロサンゼルス)を行い、8ラウンド(1R2分)を戦い抜いて引き分けた。15年ぶりの試合で全盛期をほうふつとさせる動きを披露したタイソンは「また、やろう」とやる気十分。この先、現役世界王者と拳を交えることまで期待できる状況となったから驚くしかない。

 2人の年齢を考慮して1R2分で行われた試合は、通常の10オンスよりも大きい12オンスのグローブを使用したこともあり、ダウンシーンもなく終了。エキシビションマッチでジャッジは不在のため、WBCの元王者3人による非公式の採点も「ドロー」と発表された。

 ただ、動きを見れば驚きのひと言。タイソンは頭を大きく左右に振ってパンチをかわしながら前に出た。手数でジョーンズを上回り、“アイアン”と呼ばれた全盛期にも通じるファイトを披露してみせた。

 試合後のインタビューでタイソンは「皆が喜んでくれたなら、それでいい。人々を励ますためにやったんだ」と言うと、ジョーンズに歩み寄り、握手をしてバックステージに去っていった。会場は無観客だったが、中継でこのシーンを見て「これで十分」と世界中の多くの人が思ったはずだ。

 復帰のために2年で45キロも体重を落とし、前日計量では全盛期に近い約100キロ。タイソンは「もう一回、やろう」と“現役続行”に意欲を示しただけに、今後への期待が膨らんでいる。

 実際、海外メディアはこの試合前から「タイソンは(現WBC世界ヘビー級王者)タイソン・フューリー(32=英国)、(現WBAスーパー&IBF&WBO同級統一王者)アンソニー・ジョシュア(31=英国)や(前WBC同級王者)デオンテイ・ワイルダー(35=米国)とエキシビションをやりたがっている」と報じていた。さすがに“ガチンコ勝負”は年齢差などによる事故のリスクを考えるとあり得ないが、今回のようにラウンドの時間を短くしたり、グローブを大きくしたりして安全面に配慮したエキシビションなら可能というわけだ。

 さらには名前の挙がった大物たちは新型コロナウイルス禍で、試合ができない状況にある。数億~数十億円のファイトマネーを捻出するためにはチケット収入も不可欠だが、現状は多くの観客を入れての興行が不可能なためだ。この日のタイソンは無観客でもファイトマネーの最低保証が約10億円。PPVのボーナスを含めると、20億円超を稼ぐことが見込まれる。現役の大物ボクサーがタイソンと“対戦”した場合、本気で倒しにいかなくても誰も文句は言わない。いわば“花相撲”でタイトルマッチに匹敵する収入を得られるとなれば、悪い話ではない。

 海外メディアによればジョシュアとフューリーは今夏にタイソン戦について否定的なコメントを出しているが、フューリーの場合はタイソンとの“因縁”の度合いが違う。名前の「タイソン」はやはりボクサーだった父親がマイク・タイソンにちなんで付けた。昨年にはタイソンのポッドキャスト番組にも出演し、交流を楽しんだ。同10月には米WWEのリングに上がり、タイソン同様にプロレスデビューも果たした。ボクシング界きっての「エンターテイナー」として知られており、“本家”タイソンからエキシビションのオファーがあれば断れないはずだが…。

 フューリーが生まれた1988年にタイソンはヘビー級で3団体王者の絶頂期。そんな2人が拳を合わせれば、これ以上なく盛り上がることは間違いない。