井上尚弥 防衛戦へ前日計量をパス フラペチーノとステーキで栄養補給

2020年10月31日 10時25分

前日計量をパスした井上尚弥(左)と挑戦者ジェイソン・モロニー(大橋ジム提供)

【ネバダ州ラスベガス30日(日本時間31日)発】WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本時間11月1日、MGMグランド)の前日計量が行われ、統一王者の井上尚弥(27=大橋)は117・7ポンド。挑戦者でWBO同級1位のジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)は117・9ポンド。ともにリミットの118ポンド(約53・5キロ)からアンダーで一発パスした。

 計量後、井上は2本のベルトを肩にかけ、モロニーはオーストラリア国旗をまとってフェースオフで向かい合った。井上は小さくガッツポーズ。充実した調整ぶりがうかがえた。

 計量会場からホテルに戻る際は、関係者に用意してもらったスターバックスのフラペチーノをおいしそうに飲み、部屋に戻るとステーキとご飯を笑顔でたいらげた。

 その後は米国で試合を中継するESPNのインタビューで、アンドレ・ウォード(36)、ティモシー・ブラッドリー(37=ともに米国)ら元世界王者から質問される一幕もあった。

 これで試合前のメディア対応をすべて終えた井上は、自身のツイッターに「この一年でパワーアップした姿を明日見せたいと思います。日本から声援パワーを送って下さいね。ではまた明日!!」とのコメントを投稿。夕食は昼に続いてステーキを食べたという。

 こうした様子を大橋秀行会長(55)は「尚弥は緊張しているでもなく、興奮しているでもなく、木鶏(何事にも動じない最強の状態)のようです」と表現した。

 この後は現地時間午後9時から、井上を含めた関係者全員が渡米後3度目のPCR検査を受け、試合当日の朝までは部屋からの外出が禁止される。そして、静かにゴングの時を待つ。