怪物・井上尚弥 11・1モロニー戦に自信「期待通りの試合をする」

2020年10月30日 15時30分

井上㊧とモロニーはやや離れてフェースオフ(大橋ジム提供)

【ネバダ州ラスベガス29日(日本時間30日)発】WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本時間11月1日、MGMグランド)で対戦する統一王者の井上尚弥(27=大橋)と、挑戦者のWBO同級1位、ジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)の2人が公式会見を行った。

 両者が今回の試合に向けて対面するのは初めて。そのモロニーについて井上は「すべてにおいてレベルが確実に高い選手という印象」と話した。

 日本中の期待を背負っていることへのプレッシャーにどう対応しているかについて聞かれると「それを毎回、自分のパワーに変えて試合に臨んでいます」と説明した。

 新型コロナウイルスの影響で試合は〝バブル〟と呼ばれる、外部とは隔離された施設で開催される。この日の会見はホテルと隣接するMGMの施設で行われた。通常なら歩いて容易に移動できる場所だが、部外者との接触を回避するために専用エレベーターから裏通路を通り、トップランク社の用意したシャトルに乗った。感染予防のため厳戒態勢が敷かれているのだ。

 もっとも井上はこうしたことも「相手も同じことなので、すべてはリングの上で発揮したい」と気にする様子はない。会見前の空いた時間には、試合用のリングもチェックすることができた。

 今週末はちょうどハロウィーン。そのお祭りムードの中、ラスベガスの街中で「モンスター」として盛んにプロモーションされていることについては「すごく期待値がうかがえてプレッシャーもすごいですけど、その期待通りの試合をしたいと思います」と頼もしく言い切る。

 一方のモロニーは「イノウエはフィジカルもメンタルもタフ。モンスターの広告とかがすごいけど、(現地時間)土曜日の夜は私が世界にショックを与えたい」と穏やかな口調ながらも応戦していた。

 会見の最後に、2本のベルトを掲げた井上と、オーストラリア国旗をまとったモロニーは、通常より若干離れ、ソーシャルディスタンスを保ってのフェースオフ。いよいよ試合への緊張感が高まってきた。

 会見後の井上に改めてモロニーの印象を訪ねると「特に何にも感じなかったが、ちょっと気合いが入り過ぎている感じがした」とバッサリ。勝利への自信に、揺るぎは微塵も見られない。