【ボクシング】井上尚弥 11・1モロニー戦を控えラスベガスは最高気温15度の寒波に見舞われる

2020年10月27日 13時48分

グローブにサインする井上尚弥(大橋ジム提供)

【ネバダ州ラスベガス26日(日本時間27日)発】ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)は、31日(同11月1日)に行われるWBO同級1位のジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)戦に向け、現地メディアのオンライン取材を受けた。

 取材は計3社が15分ずつ。個別の対応だったために同じ内容の質問をされることもあったが、嫌な顔をすることもなく対応した。

 また取材後はプロモーションの一環で、30個のグローブにサインをした。

 この日のラスベガスは最高気温が15度。18日に現地入りしてからしばらくは30度に届くこともあった気候から一変したが、しっかり着込んで2時間ほど汗を流した。