【ボクシング】黒田雅之が左腕腱断裂で再起戦中止

2020年10月05日 15時32分

昨年5月、モルティ・ムザラネに判定負けした黒田雅之

 ボクシングの川崎新田ジムは5日、所属する元日本フライ&ライトフライ級王者の黒田雅之(34)が、左上腕の腱を断裂したため、11月28日に後楽園ホールで予定されていた試合を中止することを発表した。

 同ジムの新田渉世会長(53)によると、黒田は先々週のスパーリングで痛めた箇所を1日のスパーリングでさらに痛め、翌2日のMRI検査で断裂と診断されたという。手術をするかの判断は、6日に専門医の判断を仰ぐことになっている。

 黒田は昨年5月にIBF世界フライ級王者のモルティ・ムザラネ(38=南アフリカ)に挑んで判定負け。

 11月の試合が約1年半ぶりの再起戦となる予定だった。新田会長は今後について、当面は治療に専念し、来年3月をメドに再起戦を行うことをめざすとした。