井上尚弥がWBO新王者のカシメロを逆挑発「あんな大振りでは…」

2020年09月28日 11時00分

井上は約1年ぶりの試合へ気合を入れる(大橋ジム提供)

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が意外な“挑発”に出た。

 WBO世界バンタム級タイトルマッチ(26日=日本時間27日、米コネティカット州)で王者のジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)は同級11位デューク・マイカー(29=ガーナ)に3ラウンド(R)54秒TKO勝ち。2Rにダウンを奪うと、3Rは左右のアッパーでメッタ打ちにしてレフェリーストップに追い込んだ。

 この一戦について、4月に予定されたカシメロとの統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となった井上は「あんな大振りでは俺に当てる事はできないだろう。。。」とツイートした。これまでカシメロから挑発されるばかりだったが、わざわざ挑発的な言葉を選んだのは、WBA3位、IBF4位のジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)との防衛戦(10月31日=日本時間11月1日、ラスベガス)で、力の差を見せつける確信があるともとれる。

 渡米のスケジュールも10月18日出発に決定。いよいよ約1年ぶりのゴングへのカウントダウンが始まる。