井上尚弥との統一戦が延期となったカシメロがTKOでWBOバンタム級王座を防衛

2020年09月27日 14時23分

ジョンリル・カシメロ(ロイター)

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトマッチが26日(日本時間27日)に米コネチカット州で行われ、王者のジョンリル・カシメロ(31=フィリピン)は同級11位のデューク・マイカー(29=ガーナ)に3ラウンド(R)54秒TKO勝ちして3度目の防衛に成功した。

 試合開始から圧倒的に攻め立てたカシメロは2Rに最初のダウンを奪い、続く3Rは左右のアッパーでメッタ打ち。マイカーに反撃できる様子がないことから、レフェリーが試合を止めた。

 カシメロは本来なら4月にラスベガスでWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者、井上尚弥(27=大橋)との統一戦を行うはずだったのが、新型コロナウイルスの影響で延期になった。

 カシメロは井上戦に備えて米国でキャンプをしていたものの、井上の米国への入国のメドが立たない状態が長らく続いたために、この日のマイカー戦が組まれた。

 来月31日(日本時間11月1日)にやはりラスベガスでWBO世界バンタム級1位のジェイソン・モロニ―(29=オーストラリア)を相手に防衛戦を行う井上へ強烈なアピールにもなった猛打のTKO。

 これに奮起された井上がどんな戦いを見せるのか。さらに仕切り直しとなったカシメロ戦の実現が待たれるところだ。