佐藤VSロペス 深まる遺恨

2012年07月08日 12時00分

 WBC世界スーパーフライ級王座戦(8日、横浜文化体育館)へ向け、王者佐藤洋太(28=協栄)と同級1位シルベスター・ロペス(24=フィリピン)の〝遺恨〟が深まるばかりだ。

 

 ロペスは試合3週間前の先月17日に早々と来日。その後のコソコソとした行動に協栄ジムの金平桂一郎会長(46)が不快感を強めていたが、ロペスの公開練習でもひと悶着あった。

 

「ウソだろ。本当のことを答えなよ!」。金平会長が思わず声を荒らげた。来日後の練習内容を質問されたロペスが「日本人とはスパーリングしていない」とコメントしたことにプッツン。「2週間スパーリングしてないっていうの? 全部知ってるんだよ!」と激しく追及すると、挑戦者もけんまくに圧倒されたのか「3人とやりました…」と認めた。

 

 舞台裏でも丁々発止のやり取りがあった。ロペスは協栄ジムに来るなり「スパーリングはやらない」と軽い練習だけを「公開」することを主張。金平会長に「そんな理屈は通らない」と詰め寄られて渋々了承したものの、今度は「マウスピースを持ってきてない」とゴネだした。金平会長は「ジムにあるやつをあげるから、やりなさい」と新品を〝プレゼント〟して何とかリングに上げている。

 

 怒り心頭の金平会長は「終盤に(佐藤が)KOしてくれれば」と願っているが…。