【ボクシング】江藤光喜が引退 「元WBA世界フライ級暫定王者」 ジムが発表

2020年07月28日 00時00分

江藤光喜

 ボクシングの白井・具志堅スポーツジムは28日、選手兼トレーナーとしてジムを支えた江藤光喜(32)が、この日をもって引退することを発表した。プロ通算成績は31戦で24勝(19KO)5敗1分け1無効試合。

 沖縄出身の江藤は、2008年8月にプロデビュー。13年8月には当時のWBA世界フライ級暫定王者のコンパヤック・ポープムラック(38=タイ)に敵地で挑んで判定勝ち。日本ボクシング史上初めて、タイで行われた世界戦で勝利した。

 しかし、WBAが王座を乱立していることから日本ボクシング(JBC)はWBAの「暫定王座」を認めていないため、国内の公式記録では「世界王者」になっていない。

 その後、15年11月にはWBC世界スーパーフライ級王者のカルロス・クアドラス(31=メキシコ)に挑んだものの、判定負け。昨年8月に米国フロリダ州で行われたWBOインターナショナル・スーパーフライ級王座決定戦で判定負けしたのが最後の試合となった。

 引退後はオンラインでボクシングエクササイズを指導する「ボックスフィットK」を立ち上げて、自らレッスンするという。