山中V5戦 威力100倍パンチで決める!

2013年09月27日 16時00分

左から粟生、山中、リナレス

 <ボクシングダブル世界戦(11月10日、両国国技館)>WBCバンタム級王者の山中慎介(30=帝拳)はV5戦で同級8位アルベルト・ゲバラ(23=メキシコ)の挑戦を受ける。

 

 1回KOで決めたV4戦からわずか3か月の間隔となるが、山中は「前回はもっとスッキリした勝ち方をしたかった。今回はきれいに勝ちたい」と意気込みを語った。5度目の防衛戦で初めて迎える右構え。レフティーの山中の左ストレートが当たるまでの距離が長くなるため「威力が100倍返し、いや何倍にもなります」(山中)。他団体のバンタム級ベルトは、亀田兄弟が2本を保持しているとあって「統一戦をやりたい気持ちもあるけど、それは次に期待です」。まずは目の前の敵を仕留めることに集中する。