IBF王者の大毅「普通の生活したい」

2013年09月05日 16時00分

勝利のケーキを前に、一夜明け会見を行った大毅

 ロドリゴ・ゲレロ(25=メキシコ)との王座決定戦に3―0で判定勝ちし、IBFスーパーフライ級王者となった大毅が4日、一夜明け会見を行った。厳しい減量に加え、前夜は額の右側を5針縫ったとあって「今はボクシングの“ボ”の字も考えたくない」。今後のつかの間のオフは「腹いっぱい食べたい。風呂入って、炭酸飲んで。じゃ、ラーメンでも食いに行くか、みたいな普通の人の生活がしたい」と真剣な表情で話していた。