【ボクシング】井上尚弥の4月ラスベガス世界戦延期

2020年03月17日 09時06分

井上尚弥

 ボクシングのトップランク社は16日(日本時間17日)、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3月と4月に予定されていたすべての興行を延期することを発表した。

 これにより、同社が主催する4月25日(同26日)にラスベガスで予定されていたWBAスーパー&IBF統一世界バンタム級王者、井上尚弥(26=大橋)とWBO同級王者のジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)の試合も延期となった。

 新型コロナウイルス感染拡大に関しては、15日(日本時間16日)に米疾病対策センター(CDC)が今後8週間は50人以上の集まるイベントを中止か延期するよう要請。

 同日にはラスベガスのあるネバダ州のアスレチック・コミッションが今月25日までの全格闘技イベントを禁止した。

 さらに16日(同17日)にはトランプ大統領が、若者や健康な国民に対して10人以上の集まりや旅行、レストランやバーでの外食を自粛するよう呼びかけた。

 こうした流れを受けてトップランク社も、井上―カシメロ戦を含む4月いっぱいまでの興行をすべて延期することを決めた。