村田諒太 錯綜するアルバレス戦報道に困惑「全然わからないです」

2020年02月05日 16時21分

村田諒太

 ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)は5日、様々な情報が錯綜している「カネロ」ことサウル・アルバレス(29=メキシコ)との対戦について「僕も皆さん(報道陣)の記事を読んで情報を知るぐらい。全然わからないです」と話した。

 ただし、相手がアルバレスになるかどうかは別として「5月や6月に試合があってもいいように準備はしています。今は走ったり、ジムワークして、いつでもスパーリングをできるようにしています」との近況を語った。

 この日は都内で、ミクシィとアスリートフラッグ財団による、スポーツギフティングサービス「Unlim」(アンリム)の設立会見に出席。ファンからの寄付(ギフティング)を元にしてアスリートやチームへの金銭的サポートをしていく活動に「ボクシングも、せめて日本王者になったらドカンと(お金を)もらえるようになれば」と話した。