【ボクシング】八重樫は実力者ムザラネを崩せずTKO負け 進退「考える時期」

2019年12月23日 21時02分

ムザラネ(右)にTKO負けを喫した八重樫

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)で、IBF世界フライ級王者モルディ・ムザラネ(37=南ア)に挑戦した元世界3階級制覇王者で同級14位の八重樫東(36=大橋)は、9R2分54秒TKOで敗れた。

 前に出て攻め込む場面もあったが、王者のガードは硬い。8Rに左ボディーで動きを止められると、防戦一方。何とかしのいだが、9Rにパンチの連打を浴び、ふらついた状態が続き、レフェリーが試合を止めた。

 2年7か月ぶりに挑んだ世界戦に敗れた八重樫は「距離はこんなもんかと思ったが、そこをついていけなかった。自分の力不足」とうなだれた。今後の進退については「何も言えないが考える時期。のんびり考えます」と明言を避けた。

【関連記事】