【ボクシング】村田諒太に援軍 ボブ・アラム氏来日「私はリョータのラッキー・チャーム」

2019年12月21日 15時45分

アラム氏(右)と談笑する村田

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)の公式会見が21日、都内で行われ、初防衛戦に臨むWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)に「最強の援軍」が現れた

 村田の隣に座ったのは、帝拳ジムとともに村田をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEO(88)だ。

「私はリョータのラッキー・チャーム(幸運のお守り)だ」と話したアラム氏は「私が来なかったアッサン・エンダムとの最初の試合は判定負けだったが、私がいた2戦目はKOで勝ってチャンピオンになった。そして初防衛線(昨年4月のエマヌエーレ・ブランダムラ戦)と、今年7月のロブ・ブラントとの試合はいずれもKO勝ちしている」と胸を張った。

 その上で「今回もKOで完全決着してくれることを願っている」と完勝を期待した。

 ここまで言ってもらった村田は「僕にとってのラッキー・パーソンなので心強いです。非常にいい練習ができたので、あとはそれをリングで出すだけ」と力強く語った。

 一方、挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(24=カナダ)は「とてもいい気分。あと2日でチャンピオンになれる」と強気だった。