【ボクシング】WBCライトフライ級V7戦・拳四朗 ニューヘアで気持ちはすでに計量後のアレ

2019年12月21日 16時30分

王者の拳四朗(左)と挑戦者のペタルコリン

 WBC世界ライトフライ級V7戦(23日、横浜アリーナ)として同級12位ランディ・ペタルコリン(27=フィリピン)を迎え撃つ王者の寺地拳四朗(27=BMB)が、20日の予備検診ではパーマを当て、サイドを刈り上げるニューヘアスタイルに変身。気合の表れかと思いきや「気分転換で」と、いつも通りひょうひょうと話した。

 さらに「(相手を)見てもオーラも何も感じなかった。1ラウンドでペースを支配できれば」と自信満々。

 減量も順調で、すでに計量後の“ご褒美ご飯”を何にしようかと思案を巡らせる王者に付け入る隙はなさそうだ。

【関連記事】