【ボクシング】村田に挑むバトラー 公開練習で貫いた秘密主義「アリガトウ。サヨナラ」

2019年12月16日 17時33分

秘密主義を貫いたバトラー

 ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ(23日、横浜アリーナ)で王者・村田諒太(33=帝拳)に挑む同級8位スティーブン・バトラー(24=カナダ)が16日、東京・新宿区の帝拳ジムで公開練習を行ったが、約40分の滞在で徹底的な秘密主義を貫いた。

 すでに8日に来日しているバトラーだが、どこで練習しているかについては日本側の関係者には全く明かさない隠密行動を続け、帝拳ジムに来たのもこの日が初めて。10月に対戦が発表された際の会見では「スパーリングパートナーを伴って来日する」と話していたのが「予定が変わった」として、誰かを連れてきた様子もない。

 ニックネームの「BANG BANG」は「パンチを打つと“バン!”とすごい音がするということでマネジャーがつけてくれた。とても気に入ってるよ」と説明。さらに「12年間、すべてはチャンピオンになるためにボクシングをやってきた。当日は爆発力のある試合を見せる」と意気込んだ。

 しかし陣営のジャンフランソワ・バージェロン・トレーナーは、村田戦に向けて約10週間のキャンプを張ったことは明かしながらも「内容はもちろん教えられない」とした上で、場所について聞かれると「カナダ」とだけ答えてけむに巻いた。

 体を動かしたのは約20分。シャドー、ミット打ちにサンドバッグとひと通りのメニューはこなしたものの、汗をかくほどのことはせず、シャツを着替えると「アリガトウ。サヨナラ」と日本語で言って早々に引き揚げた。

【関連記事】