【ボクシング】村田のV1戦の相手・バトラーが超強気の来日

2019年12月09日 16時30分

来日したバトラー

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)の初防衛戦(23日、横浜アリーナ)で対戦する同級8位スティーブン・バトラー(24=カナダ)が来日したが、いきなり超強気な姿勢を見せている。試合展開について問われると「私のパンチ力で村田を痛めつける。判定にはならない。私が早い回でKOする」と言い切った。30戦28勝のうち、KO勝利は実に24。KO率80%のハードパンチャーは、堂々の早期KO宣言をぶっ放した。

 長時間のフライトにも「移動中もよく眠れた。体調はいい」と疲れた様子はなく、気温マイナス10度のカナダからの来日とあって「日本は暑く感じる。着ていたコートを脱いだよ」と余裕の表情を浮かべた。時差調整のために試合2週間前に来日し、万全の準備をして王座奪取を狙うだけに「(カナダでは)自分の長所のパンチ力を伸ばすトレーニングをしてきた。ムラタのビデオを何回も見て長所も弱点も研究している。日本の皆さんに爆発的な試合を見せる」と終始自信満々だった。