村田諒太 V1戦へ順調「大事なのはコンディショニング」

2019年12月05日 17時12分

練習を公開した村田(右)

 ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33=帝拳)が5日、同級9位のスティーブン・バトラー(24=カナダ)とのV1戦(12月23日、横浜アリーナ)に向けた練習を公開した。

 練習後、報道陣に対応した村田は「昨日、スパーリングを6ラウンドやりましたけど、長いラウンドやるのはこれが最後だと思います」と話した。

 12月に入り、いよいよカウントダウンとなってくると「まだやり残したことがある」と考えて、必要以上にあれこれやってしまいそうな時期だが、村田は「今必要なのは10キロ、15キロ走ってスタミナをつけることじゃない。大事なのはコンディショニング。やるべきことは頭の中で分かってますから」と優先順位はしっかり整理できている。

 減量も始まっているだけに体調管理はより重要になる。しっかりピークを合わせ、リングの中では「相手が嫌になるまで殴るだけです」(村田)の言葉が現実になることを願いたい。

【関連記事】