【WBSS】井上尚弥 ドネアとの血闘で証明“世界のメインイベンター”へ

2019年11月08日 16時30分

井上は顔を血で染めながらドネア(左)にパンチを打ち込んだ

“モンスター”が世界的メインイベンターの座を保証された。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)で、WBA正規&IBF王者の井上尚弥(26=大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)を壮絶な打ち合いの末に判定3―0で破って優勝。試合後には米興行大手トップランク社との複数年契約が発表されたが、いきなりスーパースター級の待遇を受けることが本紙の取材で明らかになった。

「壮絶」としか言いようのない戦いだった。井上は2回に右目上をカット。アマチュア時代を含めて初めての経験で、これ以降は「ドネアが二重に見えて、不用意に右ストレートを打てなくなった」と5階級制覇王者の左フックを警戒する展開になった。それでも11回に強烈な左ボディーでダウンさせ、さすがのドネアも無念の10カウント…と思いきや、ぎりぎりで立ち上がって猛反撃。最後まで全く気の抜けない大熱戦で、井上も「ドネア選手がめちゃくちゃ強かった。これが今の実力。1年間戦って、優勝できたことは満足している」と安堵した。

 試合後には“サプライズ発表”が…。優勝会見後にトップランク社のトッド・デュボフ社長が壇上で井上と並ぶと、複数年契約を結ぶと表明したのだ。詳細は明かされなかったが「グローバルに活躍の場を拡大していくことを手助けしていきたい」(同社長)とし、来年はまず2試合を米国で、年末には日本でも行う構想を披露した。

 5針縫った右目上の負傷の回復具合にもよるが、トップランク契約選手としての本場デビューは来春ごろの見込み。デュボフ社長はその際の待遇について、本紙直撃にこう語った。

「ナオヤはメインイベンター。それだけの価値がある選手」

 トップランク社の契約選手にはWBAスーパー、WBC、WBO統一世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(31=ウクライナ)、WBA、IBF、WBOの元3団体統一ヘビー級王者のタイソン・フューリー(31=英国)、WBO世界ウエルター級王者のテレンス・クロフォード(32=米国)ら、そうそうたるメンバーが名を連ねる。

 通常なら、こうしたスーパースターが出場するイベントの前座で名前を売って、メインイベンターへの“階段”を一歩一歩上っていくもの。ところがデュボフ社長は「ナオヤを誰かと組ませることはない」と断言した。

 軽量級の、ましてやアジア人がメインイベンターになりづらい本場のリングでは、破格の待遇。同じようにスターへの階段を駆け上がっていったのが、他ならぬドネアだ。IBF世界フライ級王者だった2008年にトップランク社と契約(現在は契約外)すると、いきなりラスベガスの興行でメインイベントに抜てきされてKO防衛。その後は米ニューヨークの“殿堂”マジソンスクエア・ガーデンなどでもメインを務めた。

 デュボフ社長は「モハメド・アリ、シュガー・レイ・レナード、フロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオにロマチェンコといった世界的なスターをつくるのが我々の役目」。ドネアに続き井上が、こうしたレジェンドたちを目指せる存在になると確信しているということだ。

 フェザー級でも世界を取ったドネアの猛打にフルラウンド耐えたことで「耐久性とか打たれ強さも証明できたと思います」(井上)の言葉通り、さらに評価を上げた。トップランク社との契約は強敵とマッチメークされることも意味するが、日本の怪物は「厳しい戦いが待ってると思いますけど、さらに精進したい」。世界のボクシング界の中心に躍り出たのは間違いない。