八重樫が井岡と王座統一戦

2012年06月10日 18時00分

 WBA世界ミニマム級王者の八重樫東(29)が6日、横浜市内の大橋ジムでスパーリングを公開した。

 

 WBC同級王者井岡一翔(23=井岡)との王座統一戦(20日、大阪・ボディメーカーコロシアム)まで2週間、この日は最終12Rまでもつれる展開を想定し、それよりも長い15Rを消化した。

 

 スタミナ面の強化に取り組んできた八重樫は「正直、減量中で心配だった。ちょっと抑え気味にやったら、けっこう動けた。もっともっといけるなと思いました。成果が出つつある。(インターバルで)戻ってくるのが早くなった」と手ごたえを口にした。

 

 大橋秀行会長(47)も「へばらせるつもりが、へばってなかった。うれしい誤算」。日本人ボクサー同士の統一戦は史上初とあって、注目度も日増しに高まっている。八重樫も準備は着々と整いつつあるようだ。