井上尚弥VSドネアWBSS決勝11・7さいたまスーパーアリーナで開催を発表

2019年08月08日 07時22分

井上尚弥

【英国・ロンドン7日(日本時間8日)発】ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の主催者はWBA、IBF世界バンタム級王者、井上尚弥(26=大橋)とWBA同級スーパー王者、ノニト・ドネア(36=フィリピン)が対戦するバンタム級決勝戦が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。

 5月に英国で行われた準決勝は2ラウンド、昨年10月の1回戦は1ラウンドKOで決勝に進んだ井上は「ドネアはレジェンド。同じリングで戦えることはとても光栄なこと。試合では全力で(優勝者に与えられる)『アリ・トロフィー』を取りに行く」とのコメントをWBSS公式サイトに寄せた。

 2014年12月のスーパーフライ級での2階級制覇挑戦直前には、当時の王者オマール・ナルバエス(44=アルゼンチン)対策を直接指導され、2ラウンドKOにつなげた“恩人”相手にどんなボクシングをするのかが注目される。