王座奪還の村田諒太 激闘の次は息子とキャッチボール

2019年07月13日 13時01分

一夜明け会見を行った村田

 WBA世界ミドル級王座返り咲きを果たした村田諒太(33=帝拳)が13日、大阪市内のホテルで一夜明け会見を行った。

 前日(12日)のタイトルマッチで、昨年10月に米ラスベガスでベルトを奪われたロブ・ブラント(28=米国)をメッタ打ちにし、2ラウンドTKO勝利を収めてから約13時間。少しだけ腫れた顔で「こうして(報道陣の)皆さんが集まってくれるから、勝利が夢じゃなかったんだと分かる。あそこまでの連打は想定してなかったので、少し腰が痛いです」と前夜の激闘を振り返った。

 試合開始とともに猛然と前に出てきたブラントを恐れず、自身も前に出たことに「基本的にあれが僕の戦い方。自分から崩れることがなかったのが良かった」。

 試合に向けたスパーリングが始まると、興奮作用があるカフェインを摂取することで「練習以外の時間で余計なエネルギーを使うことのないように」とコーヒー断ちをしていたという。

 戦いを終えた今は「ゆっくりパンを食べながらコーヒーを飲みたいと渇望しています」と話した。

 そしてもうひとつ。試合後に「パパ、かっこよかったよ」と言って抱きついてきてくれた長男・晴道くん(8)とのキャッチボールだ。

「息子が『明日、野球できる? パパが座ってくれれば僕、コントロールいいよ』と言ってきたんです。試合直後に中腰になるのはツラいですけど…」と思いながらも、迷わず「いいよ」と返事をしたという。

 激闘のリングを下り、しばし普通のよきパパになる。