4階級制覇の井岡一翔 8月には男児誕生「男として家庭を守る」

2019年06月20日 17時55分

一夜明け会見を行った井岡

 WBO世界スーパーフライ級王者となり、日本男子初の4階級制覇を達成した井岡一翔(30=Reason大貴)が20日、都内で会見した。アストン・パリクテ(28=フィリピン)に10回TKO勝ちから一夜明け「(4階級制覇は)実感があるようでない感じ。最終的には記録と記憶に残る選手になりたい。新たな歴史を残せたので、夢は現実化するなと感じた」と改めて喜びをかみしめた。

 前日の試合当日は交際相手の31歳の女性が会場内で観戦。近いうちに入籍を予定しており、早ければ8月に第1子の男児が誕生するという。「僕も常に緊張感を持って過ごしていたし、サポートしてくれた彼女もホッとしてくれた。家庭を持って、男として家庭を守らないといけない」と一家の主としての顔ものぞかせた。

 今後はWBC同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(29=メキシコ)ら他団体王者との統一戦を希望。「次の試合に向けて成長していくだけ。自分が常に進化できるように考えて、強さを追求していきたい」とさらなる飛躍を誓った。